アイリッシュハープと私・その1

みなさまこんにちは♪
音と神託の紡ぎ手さゆらです

今月もそうですが、来月、再来月とアイリッシュハープを演奏する機会があって、改めてハープに向き合う日々を送っています。

アイリッシュハープをしている、と話をしたり、演奏をした後によく訊かれることもここで書いてみます。

「何がきっかけでハープを始めたのですか?」
——-ヒーリングミュージックにハープの音色が多く使われていて、ある日ふと「私も弾けないかしら?」と思って、ネットで検索してアイリッシュハープ教室があることを知り、習い始めました。

「子供の頃からやっているんでしょう?」
——-いえいえ。大人になって始めました。私が習ったのは、音楽の授業での楽器だけ。つまり、鍵盤ハーモニカとリコーダーだけです。もっとも、自宅にはシンセサイザーが1台あったので、適当に弾いて遊んでいた時期はありました。

「いくらくらいするもの?高いんでしょう?」
——–はい^^;結構なお値段します。でも、多くのよい楽器は、お値段もするものですから。

「さゆらさんって、お嬢様(おうちがお金持ち)?」
——–いえ。一般庶民です(笑)ハープって、なんだかすごく高貴な雰囲気があるのかもしれませんが、私にはそのイメージはあてはまらなくて残念です?(笑)

などなど。
さて、ハープとの出会いについて書いてみます。
大人になってから、初めての楽器がアイリッシュハープでした。
最初は、この27弦の緑のハープです。

習い始めて、すぐに自分のアイリッシュハープが欲しくなって、色々探しているうちに巡り会いました。
初めて見た瞬間、「あ、私のハープがここにあった」でした(笑)
もっとも、実物をみて買って帰ったのではなくて、東京にあるお店のハープの画像を見て購入を決めたので、届いたのは3週間くらい経ってからでした。
届いたときにも不思議なエピソードはあって、とても大きな箱に入ってきた私のハープですが、運んできてくださった配達のおじさんがとってもニコニコしていて、

「〇〇さん。僕の初恋の人と同じ名前だったんです。大事に運んできました。」

なんて言われて。きっと、彼は、もしかしたら…と思って、それはそれはすごく大事に運んできてくださったと思いますが、別人だと知ってちょっと寂しかったかもしれませんね^^;

緑のハープが届いて、最初は、自分が楽しく弾けて、癒されたらそれで十分で、新しい曲を習うたびにワクワクして練習する日々でした。
おぼつかない手で弾くだけでも、気持ちが安らぐし、夢中でした。
そんなある日、毎月習っているハープの先生に、自分のこの緑のハープを弾いてもらったときの衝撃といったらもう。

私が聞いたことがない音がでている!( ̄◇ ̄;)

でした(笑)
いつかはあの音が出したい、なんて思ったり、もっと綺麗な音を出せるハープなのに、とハープに対して申し訳ない気持ちになったりしながら、ひたすら練習の日々でした。

さて、ここで少し時間は戻りますが、アイリッシュハープを習うまでに、実は1年くらい迷いました。
………というお話を、次回に書いてみたいと思います。

大人になっても楽しく弾けるアイリッシュハープ。
習ってみたくなりませんか?(笑)
体験レッスンは30分2500円。個人レッスンは1時間6500円。レッスン中のハープは無料レンタルです。

☆アイリッシュハープを習ってみたい方はこちらをご覧くださいませ♪

音と神託の紡ぎ手 さゆら


2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です