☆詳細はここをクリック☆おかげさまで6月もカルナ福津店さまでイベント!30分3,000円♪

語彙力や表現の引き出しを増やしたい人へ

この記事は約3分で読めます。

みなさまこんにちは。音と神託の紡ぎ手さゆらです。

数年前、定期的に占い師向けのワークショップとして「愛ある伝え方」の勉強会というか研究会をしていました。
☆ここ最近はお休みしていますが、個別でコミュニケーションレッスンを受け付けています。

タロット占いをしている方に、タロットカードの勉強をほぼしたことがない私が、講座をするというちょっと面白いワークショップでした。タロットカードの世界観からでてくるメッセージを、相談者の質問に対する答えとして「翻訳」して愛あるリーディングをしましょう、というものでした。

講座の中で言葉の引き出し、表現の引き出しを増やすためのアドバイスを求められることが多かったので、今回ブログでちょっとだけやり方を書いてみたいと思います。

これは、タロット占い師さんとか、オラクルカードとか、その他色んな占術で鑑定をしている方に共通してできるワークです。

でも、言っておきますが、

数日でできるようになるとか、こういうときはこうしたらOK!みたいな暗記するようなものではありません。
コツコツ取り組んで力をつけていくものです。

 

1. 自己啓発本、オラクルカードの解説書、前向きなメッセージ集のような本、なんでもよいので1冊準備します。

2. 毎日、数ページでもよいのでしっかり読みこみます。

3. 心に残ったキーワードやメッセージを、ノートに書き出します。

4. 書き出したキーワードやメッセージにまつわる、自分の中にある思い出を探ります。そして、本に書かれていたキーワードやメッセージを、自分の言葉で愛をもって伝えるならどのように表現するかを考えます。

 

毎日、ほんの15分でかまいません。1日1つ書けば、1年間で365個。あなたらしい表現、語彙での伝え方が身についてきます。

万人にわかりやすい表現を目指そうとするより、まずは自分自身の心に響く伝え方はなんだろう、と自分のことをひもといてみてください。

そして、1ヶ月くらい経った頃に書き出した表現を読み返してみましょう。
色んなものが見えてくる、気づけると思います。

 

…とは書きましたが、実際、語彙力を増やす、表現力を増やすなら「本をたくさん読む」なのです。そして、子供の頃からライトノベルとかではなく、童話や小説をたくさん読んでいると、当時は実感していなかった読解力や表現力、相手のことを想像する力がついていることを実感します。

朗読サービスとかで読むのではなく、活字をしっかりと読むことをお勧めします。
それでも、コツコツ続けることが大事なので、1日15分からスタートして、毎日の朝活とか寝る前の読書の時間、みたいにしてやっていけるとよいと思います。

お勧めの本はありますか?と訊かれたりしますが、いいな、と思える本を探すのも楽しいので、図書館だったり古本屋さんだったりでいいので、探しに出かけてみてくださいね。

サロンでは、私自身がよいなと思った本を貸し出ししています。
レッスンを受ける方には無料で無期限で貸し出ししますので、最初のとっかかりが欲しい方はご予約くださいね(^^)

もっと深く知りたい、学びたい方はLINE公式アカウントに友達追加してお問い合わせくださいね。

さゆら


コメント

タイトルとURLをコピーしました