人生の羅針盤ワークショップについて(2)

皆様こんにちは、音と神託の紡ぎ手さゆらです。

9月26日(土)から始まる、人生の羅針盤ワークショップ。今回は、10月24日(土)に開講する第2回目のテーマについてご紹介します。(第1回目を逃した方でも、1回目の講義は動画で受講ができるようになる予定です)

「意図を明確にする」

を講義し、その後実践ワークをやっていく予定にしています。前回の内容は「占い、リーディング、鑑定の流れ、進め方」でした。1回目を受講した次にこれをするのにも、ちゃんと意味があります。お客様の話からどんな未来に向かっていきたいのか、それを掘り下げていくやり方をお伝えします。

さて、前回の(1)の記事で書いたご相談例を使って、この2回目の講座で何が学べるのかを少しお伝えしますね。

 

「彼と付き合って1年になります。結婚したいなという思いがあるのですが、彼の気持ちはどうでしょうか?」

 

20代後半の女性のこんなご相談がやってきたとします。もちろん、このご相談の言葉の他にもいろんなことをお客様にお話いただくわけですが、さてさて。

 

あなたなら、どこにフォーカスして占いますか?

彼の気持ち?結婚について?未来について?

それとも、もっともっと深い部分にフォーカスしてみますか?

 

言葉は、感情や事柄を表現するツールにすぎません。私を含めて皆さんは「自分の辞書」をもっていて、それに基づいてお話をしています。あなたが「こういうつもりで受け止めた」言葉は、相談者にとっては「いえ、そうじゃないんです」となることもあるわけです。

この事例の相談者さまが「どんな意図」でこの相談をしているのか、あなたは本当にわかって占い、鑑定ができるでしょうか?

 

 

私は対面・チャット・電話で占いをしていますが、相談者さまと意識合わせをすることの重要性をやっぱり多くの実践を通して学びました。失敗もありましたし、腑に落ちてくれないことも昔はありました。

 

この講義で学ぶのは、

 

「そうじゃないんだよね」

をお客様に言わせない、思わせない「意図設定」のやり方です。

 

このやり方は、自分のことをリーディングするだけでなく、日常生活で誤解を少なくするのにも役立ちます。遠回しに前置きしすぎて「で、つまり何なの?」と相手を怒らせたり苛立たせることも回避できるでしょう。普段のコミュニケーションがわかりやすくなると、人間関係がずっと気楽になります。

 

そして、ちょっとスピリチュアルな面ですが、自分が望むことを明確にすると、願いが現実になるのは加速します。長く長く現実になっていないことは、明確でないこと、覚悟が決まっていないことが多いように感じます。

 

ほら、自分でいうのもアレですが、受講してみたくなりませんか?なんて(笑)

 

講座ではまず2時間、座学を中心にお伝えした後にお昼休憩をとってから実践的なワークをいくつかやって体感していただく予定にしています。宿題も出す予定ですので、その方の進み方に応じてアドバイスもいたします。

 

占術スキルを活用して、収入につなげる、人生を豊かにする、色んな目的があると思いますが、この講座を受講することでもっと活用できる、応用できるよう、また、あなたの占術スキルが「豊かさを生み出す財産スキル」となればいいな、と思うのです。学んだスキルは誰にも奪われることがない財産であり、豊かさを生み出すものだと信じているからです。

 

10年以上のノウハウをぎゅっと詰め込んでお伝えしますので、ぜひご受講お待ちしています(^^)

お問い合わせはこちら♪

音と神託の紡ぎ手 さゆら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です