ルノルマンカードで人生の流れを読む

皆様こんばんは、音と神託の紡ぎ手さゆらです。

オラクルカードやルノルマンカードのリーディングをするようになって10年以上経ちますが、今日はルノルマンカードについて語ってみようと思います。日々、LINEトーク占いでの鑑定待機、また対面でのリーディングをしているわけですが、当然守秘義務がありますのでブログで語ることはできません。モニターを募ろうかということを考えたこともあるのですが、その時は公開してもよいと思っても、文字に残すということはこの先ずっと掲載することになるわけなので、そこを考えるとやめておいたほうがよいのかな、という結論に至りました。

なので、私自身をリーディングしてみて考察したりお伝えしてみようと思います。

まず、私自身の人生の過去から現在、未来はどのような感じなのか、というざっくりとしたテーマで引いてみました。

左の3枚が過去、真ん中の3枚が現在+自分自身の象徴カード、右の3枚が未来としてみてみると、

過去(鍵・騎士・雲)はトライ&エラーを繰り返しながら正解・成功を見つけ出して進んできた。

現在(手紙・花束・山)は期待通りにいかないこともありながらも、思いがけない助けがもたらされている。そして、今この時に感謝し、幸せな時間をゆっくりじっくり味わっている。

未来(星・子供・本)は、新しいスタートを切ることになりそうだがまだまだ未熟、学ぶべきことがでてくるだろう。占い師としての新しいステージが開かれていくようです。

 

…とまあ、こんな風に流れを読み取ることができます。(このスプレッドはまだその先があるのですが、奥が深くなるのでここまでにしておきます)

大事なのは、今自分がどのような立ち位置にあるのか、ということを知ること。過去があるから今があり、今を過ごすことが未来を創造するのです。

上記のメッセージから「まとめ」としてリーディングすると、

「先行きが不安なことがあっても、行動し続けて問題を解決してきたことで、期待したものとは違っていたとしても祝福が降り注いでいる。また、頑張ってきたことに対して自分自身を祝福しなさい。そして幸せに満ちた今をじっくりと味わい、感謝して過ごしましょう。そのプロセスを経て、未来は新しい気持ちで仕事に取り組める、新しいプロジェクトをスタートさせていけそうです。それに必要な学びや気づきもやってくるといえます。」

 

こんなところでしょうか。

10年以上占い・セラピーの仕事をしてきて、当時に掲げていた目標や想像とは少し違う形とはなってきているものの、この仕事を続けてこられていることにとても感謝していますし、支えてくれる方や応援してくれる方もいることが本当にありがたいことです。そして現状に甘んじず、次のステージへと成長していきたいな、とも思っています。スピリチュアル・占いの世界に関わるようになってからも葛藤や悩むことはありますが、一種の「成長痛」だと思って取り組むように意識しています。

一生、成長していけるって楽しいのです。

時に苦しいこともあるけれど、振り返ってみれば確実に前に進んでいて、よりよい変化を遂げていると実感できる。

 

私が目指しているのは「自分の力や可能性を信頼して人生を切り拓いていけるようになる人のお役に立てること」だな、とブログを書いていて改めて思いました。

 

ルノルマンカードをしていると、自分の中にあるものがそのままでてくるのでこうして画像を出すのも読める人には読めてしまってちょっといたたまれないのですが(笑)、聖人君子でもなんでもないのですからこれからは時々書いていってみようと思います。

 

ルノルマンカードを面白いと思ってくださったら、講座をしていますのでお気軽にお問い合わせくださいね。

 

さゆら

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です