ピンク・愛を受け容れる

みなさまこんばんは。音と神託の紡ぎ手さゆらです。

前回、「アジュール」を書いてからあっという間に1週間が経っています。今日はどんなメッセージがくるかな?とちょっとワクワクして引いてみたいと思います。

 

今回も、イナ・シガールさんの「カラーカード」から

「ピンク・愛を受け容れる」

というメッセージがでてきました。

 

 

 

カラーカードなので、「色」と「メッセージ」があります。メッセージにフォーカスして、書いてみたいと思います。

 

愛を受け容れる

 

この言葉を見て、声に出して読んでみたときに、心に浮かぶものはなんでしょうか。今日の私は「生まれてきたそれだけで祝福されている」というイメージが浮かんできました。

でもね、辛い状況にあったら「生きていることが辛いのに、どこに祝福があるのか」と言いたくなるかもしれませんよね。人生には波があり流れがありますから、苦しいときに「祝福された存在なのよ」なんて言われたくないな、と私だって思います。

それでも、今の私がこのメッセージに感じるのは「祝福」です。今このときを生きていられるのは、一人の力ではなく、誰かが、何かが、助けて導いてくれているからだと思うのです。そして私自身が頑張り続けた(苦労したという単純な意味あいではなく)からだと思います。

 

何が起こるかわからない人生です。極端な話、突然隕石が落ちてくるかもしれないし、天変地異によって生活が変わってしまうこともありえるわけで、「今生きていること」は様々な要素が複雑に絡み、それでいて美しい模様を織りなしているからではないでしょうか。

世界にたった1つだけの自分の人生の模様。

きっと、いびつなところも、目が粗くほつれそうになっているところもあって、でも糸を解いてやり直すことはできない。どんなに惨めだったり無様だったりする過去でも、それらを否定したりなかったことにしようとするのは、その過去に起きた辛いことから生まれた努力や一生懸命さまでも否定することになると思うのです。

 

自分の人生を愛することは、祝福されている、愛されることを「許可する」ことになります。

 

過去の後悔や、まだ傷が癒えていないこととか、そうしたものが「ある」のも肯定して、それでも「生かされている」のは祝福を受け取ることができるから、私はそう思います。

 

+++++++

こんな感じで、時々オラクルカードのメッセージとそこから感じるものを徒然に書いていきますね。

最後までお読みくださりありがとうございました。

オラクルカードを学びたい方、占い師としてのコミュニケーションを学んでみたい方は、個人レッスンをしているのでお気軽にお問い合わせくださいね。

ご予約・お問い合わせなどはお問い合わせからお願いします(^^)

音と神託の紡ぎ手 さゆら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です