人生の羅針盤ワークショップについて(4)

皆様こんにちは、音と神託の紡ぎ手さゆらです。

9月26日(土)からスタートした、人生の羅針盤ワークショップ。今回は、12月19日(土)に開講する第4回目のテーマについてご紹介します。(第1回目2回目3回目を逃した方でも、動画で受講ができるようになっています)

「傾聴・把握 〜相手に合わせた伝え方〜」

を講義し、その後実践ワークをやっていく予定にしています。1回目の内容は「占い、リーディング、鑑定の流れ、進め方」でした。2回目は「意図を明確にする」でした。そして、第3回目と第4回目が傾聴と把握の講座。2回構成で、11月が「お客様の心情を汲み取る、背景を想像して共感する」で、今回12月の4回目では、それをしつつ、「占った内容をわかりやすく伝える」という説明・伝え方を講義します。

さて、第1回の(1)の記事で書いたご相談例を使って、この4回目の講座で何が学べるのかを少しお伝えしますね。

「彼と付き合って1年になります。結婚したいなという思いがあるのですが、彼の気持ちはどうでしょうか?」

20代後半の女性のこんなご相談がやってきたとします。もちろん、このご相談の言葉の他にもいろんなことをお客様から教えてもらいます。3回目の講座で学んだことを活用して、相談されたきっかけの出来事や背景を知ることができました。

・彼が2歳年上で、一人暮らし。海外出張の可能性がでている

・とても忙しい彼のサポートをしてあげたい

・相談者は一人暮らしで彼が休前日には大抵泊まりにきている

・出会いのきっかけは共通の趣味(カラオケ)で話も合い、自然な形でお付き合いがスタート。ここまで順調にお付き合いしてきている



…他にも旅行に行ったとか、お互いの好みとか、違いなどを話してくれるかもしれませんね。そうして、相談者がどんな思いで「彼の気持ちを知りたい」のか「結婚をしたいという思いを抱いた」のかをしっかりと把握することで、いよいよそれぞれがもっている鑑定のスキル、占いのスキルを使ってみていくことになります。

 

・・・・・鑑定中・・・・・

 

 

で、お待たせしました。鑑定結果がでました!

 

さあ、その結果をどうやって伝えますか?何から伝えて、どんな風に伝えて、どんな風にしめくくりますか?

占ってでてきた内容を、相手に応じて上手に翻訳してこそ「伝える」です。

 

第4回目の講座でお伝えするのは「相手に合わせた伝え方のコツ」です。タロットにせよ、オラクルカードにせよ、そのほかの占術にせよ、でてきた結果をお伝えするとき、カードの意味そのままを伝えるのでは浅いのです。

 

占い師やセラピストとして活動するとき、根本にあるのは「その方の未来がより幸せなものになることを願って」という愛に基づいているわけですが、「伝え方」によって心に響く度合いが変わってきます。

 

もちろん、占いだけでなく普段のコミュニケーションでも、伝えるスキルは大事です。言葉であったり、ボディランゲージだったり、伝えたいことを表現しようとしますよね。今回の講座では伝え方の引き出しを増やせるようにしていきたいと思っています(^^)

 

講座ではまず2時間、座学を中心にお伝えした後にお昼休憩をとってから実践的なワークをいくつかやって体感していただく予定にしています。アンジェリーテのLINEアカウントを登録していただければ、受講者の方は随時質問、講座を視聴して気づいた疑問点などにもお答えいたします。

こちらから追加くださいね。

 

占術スキルを活用して、収入につなげる、人生を豊かにする、色んな目的があると思いますが、この講座を受講することでもっと活用できる、応用できるよう、また、あなたの占術スキルが「豊かさを生み出す財産スキル」となればいいな、と思うのです。学んだスキルは誰にも奪われることがない財産であり、豊かさを生み出すものだと信じているからです。

 

10年以上のノウハウをぎゅっと詰め込んでお伝えしますので、ぜひご受講お待ちしています(^^)

お問い合わせはこちら♪

音と神託の紡ぎ手 さゆら

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です